カテゴリ:陶芸のこと( 81 )

6月になってもう1週間がたちますね。
来月7日から始まる木所千友妃さんとの二人展に向けて
制作もラストスパートがかかってきてます。
f0060262_23225382.jpg

今回のDM用に用意したのはこの3点
昨年後半からのテーマ「石の華」を夏向けなバージョンにしてみました。
ここ最近、作品の傾向がグ〜ッとオブジェっぽいものに偏りすぎていた私。
そういうのも好きで楽しんで作っていたのですが
ちょっと心のどこかでモヤッとした引っかかりもありました。

それで、何だろうな〜??
と考えた結果、実用を兼ねた作品を作る時と
使用用途の無いオブジェを作っている時の気持ちのテンションに
差がありすぎるんじゃないかと思う様になりました。

自分で好きで制作しているんです。
もっとこの気持ちが極でなく融合していきたい!
ということから、今回は器とかにも取り組んでいます。
f0060262_23383021.jpg

f0060262_2339027.jpg

f0060262_23391960.jpg

まだこれらは乾燥中の作品ですが。

最近、やっとこの気持ちの整理がついたので
まだアイテムは少ないと思います。
でも、今まで器を手掛けていた時と、ちょっと気分も違います。

年が明けてから半年、
今年は今まで気に留めないでいた事や
小さな食わず嫌いをしていた事、
ついつい「しょうがないかな〜」とゴメンナサイしていた事

そういう事に、なるべく触れていく年にしたい。

なんて事を抱負にしていたのですが
その宛も無く、とりあえず目の前にある事を一つ一つ終えていきました。
何だかここで、キラッとヒントがもらえた感じで

極じゃなく融合

この言葉が降りてきてから、とても気分がいいです。

タイムリミットまで後わずかですが、
焦らず制作していきます。

DMがまだギャラリーから届かないのは、ちょっと焦ってますが。
来たらすぐにアップしようと思います。
気がつけば、2月も半ばですね。
ほぼ一ヶ月、ブログを放置してしまいました。
来週頭から始まる展覧会の準備のため、
もうなんだか分からなくなっていた私ですが、昨日
搬入の荷作りが完了して、やっとブログを書く気になった本日です。

展覧会準備も佳境の最中に
こんな作品も手掛けておりました。
f0060262_12474828.jpg

こちらは先日設置に行っってきたばかりです。
昨年末に依頼された新設有料老人ホームのティールーム壁面に飾る
オブジェの制作。2400×4000という、けっこうな面積を頂き
タイトなスケジュールの中、どう料理していけば良いのかしら!!
と悩んだあげく、またもやフラッグスデザインの松田さんに協力して頂き
陶と木工と左官のコラボレーションで作品を作る事にしました。
f0060262_12534429.jpg

f0060262_12541142.jpg

自作の陶板を組んで目地の部分に色を染めた左官材を
ペインティングナイフでグラデーションで詰めて
そのあとブラシで磨いてマスキングを外すと
f0060262_1256543.jpg

こうなります。
そんなパーツを大小作ってました。
f0060262_12575746.jpg

それで先日15日に無事に設置させて頂き
傍らのキャビネットには
f0060262_12593851.jpg

この鳥人たちを配置。
クライアントさんにも大変喜んで頂き、一安心です。

まだ、他の家具等が入ってないので
きちんとオープンしてから写真を頂けるという事なので楽しみです。

そんな慌ただしい中でしたが、
ちょっと骨休めにと誘って頂いた日本酒の会。
最近めっきり弱くなってしまった日本酒。大丈夫かな?と
少々心配でしたが、おいしいお酒と楽しい席!!
大丈夫でした!!
f0060262_135722.jpg

f0060262_1353820.jpg

f0060262_136185.jpg

この日は貴重なお酒が11種類も出るという事で
お品書きを拝見した所
山形の十四代が3種も出ておりました。
播州山田錦角新大吟醸生と槽垂れ純米吟醸生原酒と本丸角新特別本醸造生です。

私のアトリエの生徒さんの中に
大の日本酒ファンの方が数名おり、事あるごとに
「十四代、十四代!」と言っております。
きっと、こちらのラインナップを見たら、飛び跳ねちゃう事でしょう。

私は、さっぱり系が好きなので
この日は十四代の播州山田錦角新大吟醸生が一番飲みやすかったかしら。

楽しく、美味しく頂きながら
年に2回のアトリエの宴会で過去に出た日本酒を思い出していました。
真澄の純米、八海山の純米、久保田の翠寿、獺祭、
けっこう良い感じなのかも・・・・うふ。

しかし、同じ席にご一緒頂いた皆さん。
本当にお詳しい方々ばかりで、お話もとても面白く
お料理とともに会話も素敵な肴になりました。
こういう日も、たまには良いですね。
1月は早いです。もう後半戦突入です。
ボヤボヤとブログをほっといってしまいましたら
ずいぶんご無沙汰になってしまいました。

FaceBookを始めて以来、
そっちはお気軽にアップしているのですが、
メインのこちらが疎かになっては
本末転倒ですよね。(汗)

さて、お正月モードもすっかり吹っ飛び、
来月に待ち構えている個展に向けて
制作しています。
f0060262_23282587.jpg

なんじゃこれ??って感じでしょ。
これは、一昨日迄の姿です。
こうなります。(本日)
f0060262_23294012.jpg

焼き上がったあと、どうなるかは
ギャラリーにてご覧頂きたいと思いますが

間に合うのでしょうか!!!
私!!

日々、自分で自分へのエールを送りつつ、
制作に励んでおります。
たからかしら。

毎日とっても、お腹がすきます・・・・・・。
19日から22日迄、岐阜県へ出張に行きました。
今回の出張は新設の産科医院に作品を設置に行く為です。

いつもお世話になっているBONZE先生の作品をはじめ、
さとうそのこさん、島添昭義さん、鉄の作家三谷さん、
そして、小さいものですが私の作ったものを設置に行きました。

設置チームはBONZE工房&私、そしてプロデュースのウェルメイドさんと、
看板の職人さん達。
f0060262_1103883.jpg

市役所の仕事以来ですね。ヘルメットをかぶって現場に入るのは。
また、こうしてヘルメットをかぶって作品を設置する現場に
携われるのは、本当に嬉しい時間です。
f0060262_1123397.jpg

これは私が担当した、ルームプレート。
プレート一つ一つに天使の羽のモチーフを付けます。
この羽を磁器で作ったのが私で、看板職人さんが
アクリルプレートに、文字のカッティングを施して部屋ナンバープレートにしてくれました。
f0060262_1152528.jpg

一階のエントランスは、さとうその子さんのワールドに。
作品の取り付けや、取り付け後のタッチアップなど
お手伝いさせて頂きました。
f0060262_1165077.jpg

BONZE先生が、即興で、時計を太陽に仕立てたりして、
f0060262_1175089.jpg

可愛い医院になっていきます。
f0060262_118393.jpg

私のモチーフは、フロアの案内板にも取り付けられてます。

私の関わった部分は、本当に小さな所ですが、
こうして自分が作ったものが、沢山の人の癒しの空間に使って頂けるのは
本当に嬉しいです。そして、なんといっても
ここは、命が日々生まれる場所になる訳です。

タイトなスケジュールな中での4日間でしたが
建築の中に数々の作品を設置してきたBONZE先生と現場をご一緒出来て、
本当に勉強になりました。私が今、一番興味がある分野ですし。

一日の作業が終わった時や、朝食の時など
BONZE先生の話を伺える時間が時々あったので、色々伺いました。
いつもお話しして下さる事なのですが、
今回は現場にご一緒出来たので、とってもリアリティーがあり
何か、スッと受け取るものを多く感じました。

今の私に必要な情報と経験が受け取れたこの4日間の出張。
私にとっての素晴らしいクリスマスプレゼントです。

今回御縁を下さった、ウェルメイドさんにも心から感謝致します。
f0060262_1321052.jpg

宿泊したホテルも、
とっても快適でした!
happy chistmas!
12月ですね。早いです〜。

以前看板作ってます。
というタイトルでブログを書いたのですが、
その時の看板が完成して、本日設置に向かいました。

デザイン案が出る迄は長かったのですが、
デザインが閃いてまとまると早いですね。

毎度お世話になっているフラッグスデザイン工房のボス
造形作家の松田光二さんとのコラボレーション作品。
インテリア部門では春にお客様にお納めした
ルームミラー、ワインBARの内装と続いて
今回で3作品目になります。

必要なパーツを各自制作して揃った月曜より、
3日間集中で組み上げにかかりました。
f0060262_22571625.jpg

白磁で花のオブジェを制作しブーケ風に仕立てたかったので
色味として真鍮のメッシュで違う花を作りました。
f0060262_22585764.jpg

これを、円形に配置してみてバランスを見ます。
f0060262_22595020.jpg

その間に、松田さんがアルミ版を切り文字して仕上げます。
f0060262_2305523.jpg

私は、板に花を取り付けるガイドを
ボール盤で円形に溝を切って行きました。
f0060262_2325256.jpg

松田さんが仕上げたアルミ板にブーケを配置。
f0060262_233598.jpg

取り付け金具やその他諸々の処理をして、
いざ現場へ。現場ではスケールを出してモルタルの外壁に穴をあけます。
アンカーをうつかどうか悩みましたが
どうやらモルタルの下は柱にザラ板が廻っている様なので
アンカー無しで取り付けを決行!
f0060262_2371035.jpg

こんな風にとりつけ。
f0060262_2373943.jpg

全体は、こんな感じ。

私はまだ、こうやって建物に組み込まれる仕事の経験値が少ないので、
建物の内装や外装に詳しい方とコラボして
作品を作ると、本当に勉強になります。

それに、こういう形で自分の作品が人の目に触れる
というのも、とっても嬉しい事です。

インテリアやエクステリアに絡む陶の仕事。
これから少しずつ経験値を上げていきたい分野です。

なにより、とても楽しく制作出来たのが嬉しく、
取り付けたこの日に、こちらのお店にいらした
お客様方にも好評だったとの事。

本当に良かったです。
ありがとうございました。
f0060262_21463172.jpg

昨日から、i-phone4sになりました。
でも、まだぜんぜん慣れてなくて、時々ご迷惑をかけているかもしれません。
というのは、アドレスを整理してみようかといじっている最中に
知らない間に通話になっちゃったりして、慌てて電話を切ったりしてます。
私の着信履歴が残ってしまった友人の皆様、
ゴメンナサイ。

ご迷惑おかけします042.gif

今日はアトリエにてi-phone初写真。
お菓子のオブジェみたいですが、現在、ご注文頂いています
店舗の看板を制作中です。

例によってフラッグスデザイン工房にていつもお世話になっている
造形家、松田光二さんとのコラボレーション作品です。
本日はデザインも決定して制作に入る準備ができました。

上手く行けば完成は1ヶ月後なのですが、
大変タイトなスケジュール。
間に合うのでしょうか?
そして、この菓子みたいなパーツはどんなになるのでしょうか?
頑張ります。

そういえば、現在京都美術館にて開催中の第45回女流陶芸展
(明日迄が会期だと思います)
初めて応募してみました。
おととい連絡があり入選という嬉しい結果が郵送されてきました。
本当は京都にも行ってみたいと思いましたが
そうもいかず、どんな風に展示されているかを
ひたすら想像しております。

あとで可能なら図録を購入しようと思います。

女流陶芸展の会場、その他の情報は
こちらのサイトをご覧下さい!
第45回女流陶芸展
良いものですね!
お弁当。

いつもアトリエでは、ランチタイムは何か作ってます。
でも、ついササ〜っと食べれるものになっちゃうので
パスタとかラーメンとか、麺類が多くなっちゃいます。
おまけに、生鮮食品の買い置きがあまり出来ないので
内容もワンパターンになってしまい、
ちょっとモヤモヤしておりました。

なんか、ちがうよね・・・・・。と

それで、昨日からお弁当を作ってもって行く事にしました。
f0060262_18191799.jpg

家族の中で朝食当番をしている私。
どうせ、朝食作ってるんなら、お弁当も作れば良い!
なんで早く気がつかなかったのでしょうか?

今日は気分転換に近くの公園の藤棚の下でランチタイムをとりました。
f0060262_18215611.jpg

f0060262_1822164.jpg

ほんの30分程ですが、気分が良いものですね。

朝から本焼きの窯を焚きながら
一日、私の十八番である子バクを量産してました。
f0060262_1824922.jpg

f0060262_18243581.jpg

バク祭りです。

明日はオフにするので、なんとしてもバク生産を終わらせたかった私。
頑張りました。

家に帰ってから、11月の後半からあるグループ展の作品も考えなきゃ。
やっぱり宿題が出来ちゃいましたね。

でも、明日はオフにします!
f0060262_20174413.jpg

もう個人で窯をもって、かれこれ17年くらいになるのですが
あいかわらず、本焼き前の窯詰め準備が苦手です。
(つまり釉薬かけね。)

苦手という言葉はちょっとちがうかな。
一番疲れます!というのが正しいでしょうか。

作陶している分には、色々な技法があるのですが、
基本的には、作る!がメインです。

でも、釉薬をかける作業って

1 サンドペーパーをかける
2 水拭いをする
3 撥水材をかける
4 諸々、完成への効果的な仕上げ処理
5 釉薬を調節する
6 形に合う方法で釉薬をかける
7 諸々修正する
8 高台をきれいにする

などなどなど

その間、使用する様々な道具と容器大小大小大小
洗い物洗い物洗い物洗い物

完成に向かって全く異なる作業が必要で
その全ての合間合間に洗い物がブレスする様に入ってくる。
作業が進まない感がとてもしちゃいます。

だいたい釉薬の日は、丸一日釉薬です。

新しく作りたいものが出ちゃった日とかは
けっこう忍耐がいる日となります。

でも、窯詰めが終わってあとは焚くだけ!までこぎ着けると、
何とも言えない達成感があって
アトリエの帰りに、ちょっと何処かに寄り道したくなったり
友達に会いに行きたくなったり、
お疲れ一杯でもしちゃおうか!気分になったりします。

でもたいてい、ヘトヘトなので直帰しますけどね。

最近やってないけれど、
アトリエ帰りに一番グッと!くるのは、
梅の湯のジャグジーと壷風呂でしょうか。

そろそろ涼しくなってきて、銭湯帰りも心地よい気候
そろそろ梅の湯にでも行ってみようかしら。

と、思うこの頃です。

そして本焼きは日曜日・・・
ギリギリです。もうギリギリ迄、作ってます。
f0060262_21291356.jpg

f0060262_21293585.jpg

来月6日から始まる「20人の作り手によるブローチ展〜身につける絵画〜」
に出品する作品を缶詰で作っております。
6日からだけど、明日が搬入。

一人10点

9割まで完成しました。
明日の朝、エマルジョン加工をしてから
ラッカーして、乾燥が完璧になったら、ギャラリーに搬入します。
もう、明日は日の出とともに作業しないと(汗)

今回は陶だけで制作すると、重量オーバーしちゃいそうなので
久しぶりに紙使いを復活させました。
半磁器で作ったパーツと和紙の合わせ技です。

過去に大きなオブジェを作ったのですが
ジュエリーにしてみて!
という声を聞きながら、ちょっと封印しちゃってました。
最近、軽量化が出来そうな素材の組み合わせのヒントを頂いたので
今回、思い切って

そろそろ封印、解いてみようかと。

それで本日、出来た個数は・・・
やった〜!!10個で来た〜!!
(まだコーティングしてないから油断は出来ない!)

でも、自分で褒めます。
よく頑張りました!
f0060262_21444858.jpg

それで明日、無事に作業を終わらせて
搬入出来ますよう、
お祈り下さい。

展覧会の詳細は、後日ブログにて!
先週から密着取材を受けていたスカイパーフェクトTVの撮影が
台風ど真ん中の昨日、全日程を終えました。

昨日は、午前中はアートイベント企画の会議の模様。
午後は、市役所の作品の撮影とインタビュー。
その後はアトリエに戻って、日仏展に出展していた作品を
撮影して頂きました。
f0060262_2251879.jpg

(カメラマンの橋添さん)
アトリエのお茶の間を、雨戸を閉め切って
簡易スタジオの様にして撮影です。
f0060262_2264414.jpg

(制作の服部さん/音声の加藤さん/監督の伊丹さん)
こんなふうに、即席でスクリーンを作ります。
そうすると、
f0060262_2283344.jpg

こんな感じで即席の撮影セットが出来て
TV用の映像を撮っていきます。

どんな風に撮れているのかな?
という確認は
f0060262_22103291.jpg

カメラに接続したモニターで確認出来ます。

連日の撮影でも感じたのですが
さすがプロ、限られたスペースと、その場に合わせて
手元にある、あらゆるものを駆使して
ライティングの調整をします。

うわ!こんなのも使えるのか〜。
と、ただただ感心してしまいます。
ドラマティックな映像を求めて、皆さんの探究心が激突の現場です。
そんなふうにして撮って頂ける作品達。

あんた達、幸せね〜。私もね。

5日間の撮影で撮った様々な映像
これより監督さんが、音楽等を付けながら
編集作業にとりかかるそうです。

番組が完成するのが楽しみです!
待ち遠しいな〜。

しかし・・・・
我が家はスカパーが見れません・・・・

ごめんなさい。(謝)