<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0060262_2245119.jpg

9月22日より国分寺の くるみギャラリー にて、展覧会が始まります。
今回は昨年より手掛けた立川市新市庁舎に設置した
インフォメーションカウンターと掲示板の制作記録を中心に
普段の作品を展示販売します。

今年5月にオープンした立川市新市庁舎。
思い起こせばちょうど1年前、市の担当課からデザイン採用の連絡を頂き
約6ヶ月の長丁場な作品制作がスタートしたのでした。
くるみギャラリーさんより個展のオファーがあったのは
採用連絡があってからまもなく。
「実はこんな仕事に取りかかる事になりました。予定としては翌年5月に
オープンしますので、個展でなく二人展で制作記録展をして、
まとめとしたいのですけれど。」
と、オーナーご夫妻に相談したところ、
快く、「面白いからうちでやりましょう!立川じゃなくて国分寺だけど。」
とオッケーを下さり、この企画展を誰よりも心待ちにして下さいました。

今回はデジタル機器も持ち込み
制作模様として撮った沢山の写真もスライドシーで公開致します。
つなぎに黄色いヘルメットをかぶった私の姿もあります。
この数日間は夜な夜な、PCの前で
ブログも放ったらかして資料作りに勤しんでおりました。
この展覧会をもって、本当の意味で市役所の作品の制作が終わるな。
という感じです。
現在はセキュリティー上の関係で作品の写真を撮る事が出来ない様ですが、
まだオープン前に撮影したので周りに何も無くて
かえって貴重な写真です。
「市役所はなかなか行けないけど、ギャラリーなら行きやすいよ。」
というお近くの皆様、ぜひ御覧になって下さい。

ちなみに私のギャラリー在廊日程は秋冬に作品展が重なっており
制作に励んでいるため、初日と翌日を除いて、
あとの日程は午後3時頃からになる予定です。
(お休みしちゃうときもありますのでゴメンナサイ。)

*********************************
K'Sfactory展「ようこそ!」/坂本喜代美&安東桂

2010年9/22(水)〜10/4(月):28(火)定休
12:00〜19:00 最終日17:00
くるみギャラリー
東京都国分寺市本町2-18-16
電話042-312-2963
[PR]
911の昨夜、
友人の橋爪恵一さんと、しおみえりこさん夫妻がオープンした
ギャラリー・カメレオンにて開催された
セプテンバーコンサートに行ってまいりました。

これは確か911の翌年からNYにて平和を願う人達が集い
街のいろんな場所で音楽が自然発生するかの様にコンサートが開かれた
事を発端に全世界に発給していったコンサートで、毎年911前後に
世界中同時に開催されているようです。
日本では5年前からNPO国境なき楽団が主宰となり、
賛同したミュージシャンやライブハウスなどが
この11日と12日の二日間に音楽の催しをします。
ギャラリーカメレオンもその会場の1つです。

会場はアットホームなホームパーティー形式で、でも熱気ある演目が
行われました。
f0060262_8124641.jpg

ブルガリアの伝統楽器で演奏するグロズダンガ
f0060262_814965.jpg

40年もののストリートオルガンと匠な話術で笑いを取る大道芸のチャックさん
f0060262_8153987.jpg

オペラシアターこんにゃく座OGのミュージカルソング
f0060262_8171963.jpg

詩人でアーティストでもある成田ヒロシさんの詩の朗読。

バラエティーにとんだ昨夜の演目。

色々なジャンルの人が(お客さん含めて)1つの会場に集うエネルギーの
凄さ。みたいなものを心地よく感じる夜でした。

帰宅して部屋に入ると
ムム!
今朝ちゃんとたたんだハズの布団がグチャグチャ
一体どうしたの!!気持ち悪い!
と思って見てみると
f0060262_8224128.jpg

眠そうな顔で、こやつめが潜り込んでおりました。
[PR]

f0060262_22232216.jpg

どこかの会社のコマーシャルで
「人形は顔が命です」
というフレーズがありましたが、本当に顔が一番難しい。
厳密にいえば目!です。

今年になって、ちょっと自分の作品をイメチェンしたいと思い
ずっと模索しております。
どちらかと言うと、怪しすっとぼけカワイイ路線の雰囲気を作って参りましたが
「う〜ん、もうちょっと大人な感じにならんものか・・・。」
と自分の中でモヤモヤしていた次第です。
そんなもんで、いろいろ画集だの彫刻集だの
アトリエの資料となる本を片っ端からひっくり返していました。

気がついてみたら、自分の書棚の資料には
カワイイものってあまり無いのに気がつきました。

ああ、本来好きなものってコレなんだよね〜。

ところがいざ素直にそれに取り組もうと思うと
ムズカシイ〜。幾つかクリアしたい課題が見えてくる。
でもね、まずは手を付けてみないと。
と始めてはみたものの、
自分の作風に合うだろう(自分が好きなタイプの)目のイメージが
なかなかひらめかないというか形にならないというか。

そんなこんなで3ヶ月程モヤモヤしていたわけです。

そして先週の事、
とあるライブに行く事になり
その日のメインヴォーカルの歌っているときの顔(女性)。
あ、この顔は好きかも〜。

それで思い出しながら作ってみた目です。
まだまだ研究中ですが、ちょっと突破口が見えてきたかな。
モヤモヤがモヤ。位になった感じです。
[PR]