<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

本日は猛暑の中、窯焚きをしながら以前から気になっていた
アトリエの本棚の蔵書点検をする事にしました。
f0060262_23244577.jpg

アトリエでは生徒さんに参考資料として自由に本を見てもらったり
貸し出したりしています。
学生のときから少しずつ買い足していった陶芸の本をはじめ
画集や、動物の写真集、工芸全般の本。日本のものから洋書まで。

でも最近、
何の本があったか
何を貸し出してるのか
種類とか諸々、本棚が把握しずらくなってきた事にストレスを覚えていたので
この休み中に一度点検してナンバリングしようと思い立ちました。
生徒さんも見易くなると思いますしね。

以前はもっと沢山あったのですが
心を鬼にして、あまり見ない本は○○off行に。
使い易い本棚は仕事の能率を上げる!と
何かで呼んだ事があるけれど、実際そうかも知れませんね。

実は最近どうも煮詰まり気味。暑いせいかしら?
でも本棚が整理されてくると不思議なものでなんだか軽くなる気分。

本に貼るラベルが無くなったので本日は7割終了。
結局その後も床掃除、トイレ掃除、コンロ掃除
アトリエの掃除になり
窯焚きながら掃除で汗する一日でした。
こんな日もあって良い。

明日は制作するぞ〜!!
[PR]
祭のイベントに行った翌日より、つかの間の夏休みを取りました。
教室の生徒さんの御好意で、ご自身のセカンドハウスにお邪魔しました。

朝から中央道を走って約2時間。
小淵沢まで猛暑の東京から涼しい小淵沢へ!
と思いきや、今年はこちらも猛暑。
ただし朝夕は涼しく熱帯夜が無かったのがありがたかったです。

今回、一番楽しみにしていたのはコレ!
f0060262_14144740.jpg

長野県茅野市美術館で開催されている(29日まで)
藤森照信さんの建築展。

以前、友人から藤森さんの事を教えてもらい
以来すっかりハマってしまった私。
やはり忙しくてちょっと煮詰まりそうな時に
茅野市にある茶室「高過庵」(ポスターの写真)を見て
なんだか肩の力が抜けた気分になりました。

今回もそんな状態の時に知った藤森展。
目玉は「空飛ぶ泥舟」何じゃそりゃ?

これです。
f0060262_14254286.jpg

f0060262_1426146.jpg

これ、茶室です。

この日は朝一で美術館入り。偶然にもギャラリートークに遭遇。
藤森先生の生レクチャーと共に1時間の作品鑑賞。
ひょうひょうとしつつ、面白い事をポソッと言う藤森先生のレクチャー。
執筆の本を読んだ時、思わず声を上げて笑っちゃいましたが
お喋りもそうとう面白かったです。

印象に残ったのは建築模型。
デッカイ丸太の塊や切り株の塊をチェンソーでブッ刻んで掘り出すスタイル。
その塊チックな建築模型が何とも魅力的。
というより、こんな建築模型は見た事無い!
こんなのアリ!?みたいな。

先生いわく「建築模型制作に1日以上かけないのがポリシーです。」
「道具はもっぱら出来るだけチェンソー。ちょっとだけ鑿」
だそうです。

なんだか今回も
(あ〜、これでいいんだよね〜。)
と、救われた気分になりました。

それでもって写真の茶室。
予約制で入る事が出来ます。
その予約も滑り込みが出来て、入室。
内部は意外と広く心地良い。
先生は構造の強度を考え全長を当初より短くした結果
「クジラをイメージしてたのにフグになってしまいました。何とも可愛らしいと
自分でも思ってしまうのですが、『先生の作品!カワイイです!』と言われるのが
一番シャクなんです。でも褒めてくれていると思ってお礼を言いますが、
カワイイはイヤなんです。だけどこの作品は可愛くなっちゃいました。
どうしたもんでしょう。」
と、おっしゃっていました。(笑)

私にとって八ヶ岳近辺は昔から縁があり、
何となく土地勘も働いて、妙に空気も落着きます。
湿気が感じられないからかしら?

そんなエリアでこんな楽しい展覧会が見れて
良い休日でした。
[PR]
今年の夏祭り。
私は商店会主催のイベントの一環として、
「アートのひろばつくって遊ぼうよ!」で参加しました。
例年にない猛暑の中、
快く参加してくれた仲間のアーティストとスタッフ皆さんのお陰で
事故怪我も無く、無事に終了出来た事
本当に感謝しております。そして暑さに負けずに
ワークショップに来て下さった皆さん、ありがとうございました!
f0060262_64369.jpg


でも、お祭りって参加する方にまわると
あい間あい間に見物に行けるかと思いきや
意外と見物が出来ないものです。

担がないけど小さな頃から見てきた立川諏訪神社の祭。
荒ぶれの神様である御諏訪様だけあって神輿の競り合いなどは迫力があります。
やっぱり次回はゆっくり生ビール片手に見物にまわりたいかな。

最近は各地ご当地ものが立川でも見られる様になりました。
今年も見れました盛岡チャグチャグ馬子。
f0060262_6514218.jpg

そしてコイツが可愛かった〜。
じーっとしてるの。
f0060262_6523785.jpg

夏祭りが終わると例年ならちょっと秋らしくなって
赤とんぼなんかが出てきて、少し寂しい気分になるのですが
一夜明けた早朝から
ミンミンゼミの大合唱です。
まだ当分暑いまま・・・?

秋から展覧会の予定が詰まっておりますが
黄色信号が点滅しておりますので
本日から3日程、気分転換に行ってまいります。

つぶやきも、しばしお休み。
[PR]
f0060262_9315259.jpg

この22日(日)、私の地元はデッカイ夏祭りです。
今年は縁あって、立川南口西通り西会商店会の会長さんの依頼で、
「商店会ブースにてアートのイベントを何かやってほしい!」
というご要望を頂き、仲間のアーティストと協力して
子供のための工作村を開催する事にしました。
題して!
f0060262_9455641.jpg

西会こどもドリーム広場にて開催致します。
祭の詳細はこちら→立川の夏祭

それで、私はデザイナー&アーティスト松田光二さんと組んで
「木でアクセサリーを作ろう!」を担当。
昨日から色々な木でビーズを制作中。
f0060262_9515230.jpg

松、ブナ、栗、ウォルナット、などなど。
木は木によって色んなカラーがあり、年輪の模様が
まさにバームクーヘンでカワイイ。
これを好きな様に紐に通してもらいアクセサリーになります。
縄文人の子供量産計画です。
夏祭りの開場では、神輿や太鼓がドンドコしてるので
ぜひ、作ったアクセサリーを身にまとい
子供らには縄文ダンスを楽しんでほしいと思っております。

本日も午後から準備に行ってまいります。
[PR]
f0060262_2232717.jpg

王様を作るんだ!と意気込んでおりました。
オッサンになってしまったような気がします・・・・。

高さ約60センチで作ったライオンです。
60センチはもう、私の窯で焼けるギリギリでやんす。
鬣だけ、細かく攻めてみました。
この暑さの中で鬣を刻んでいくのは結構ハードで
途中、頭がボーッとしてきました。

次は女王様を作ります。
さ〜て、何をモチーフにしましょうか?
[PR]
f0060262_1544995.jpg

f0060262_155131.jpg

土曜の夜。このところ毎年恒例になったガラス作家の上村さん一家企画。
青梅花火大会鑑賞会!に行ってきました。

私の地元、立川でも国営昭和記念公園にて
大きな花火大会が開催されるのですが
私は青梅の花火大会の方が好きです。
会場は青梅市の永山グラウンドという場所。
こじんまりとしていますが周囲を森が囲んでいる。
コレが良い!

山の中腹にあるので、行はちょっとしたハイキングですが、
木樹に囲まれているので風が心地よいのです。
また、周囲に明るい建物が無いため花火が美しい。
東京にいながらちょっと無いロケーションで鑑賞出来ます。

毎年、上村さん一家が場所取りなど諸々準備下さり
本当にありがたいです。
お陰様で、楽しい仲間が集う夏の素敵な一日を過ごす事が出来ました。

立秋を迎えたこの日
ヒグラシが鳴く花火会場は
ちょっとだけ秋の訪れを予感させます。
[PR]
f0060262_23514892.jpg

8月に入り、益々暑さ倍増の日々。
暑くて仕事にならないよ〜!!!と思いつつ
半分は秋から始まる展覧会諸々に向けて今が踏ん張りどころ。

晩秋に控えている展覧会には
少し大きなモノを作ってみようと
再び、スツールを作ってみる事にしました。

以前作ったものはもうちょっとデコな感じでしたが、
今年は「塊感」みたいな事を意識してみようと
極力デコらない様に努力してます。

3つ位作れるといいな〜。
[PR]