<   2009年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

素焼きの窯を焚いておりました。
朝から・・・・。
間に合わないかもと、ゆっくりした温度上げを気をつけながら
もうちょっと乾かしたかったかな?と思いつつ強行突破。
窯詰め時に、ちょっと(汗)な瞬間がありましたが、そのせいなのかしら?
348℃付近でイヤ〜な音が。
f0060262_2125877.jpg

コイツが↑
ヒビ行った様子。

とりあえずそのまま続行いたしました。

・・・・・・・・(冷)。
[PR]
f0060262_2224976.jpg

本日は、月2で親子で教室に来て下さる生徒さんのお嬢さんの方から、
「先生、はい!」と手作りチョコレートを貰っちゃいました。
わ〜い!

最近の小学校は、みんな手作りチョコだそうで、
お友達同士の「友チョコ」が流行っているのだとか。

ちなみにこれは
「お世話チョコ(お世話になってますチョコ?)」
とお母様が添えて下さいました。
家に帰ってから撮影のため袋から出したら、
カワイイお手紙もはいっていました。

こういうほのぼのした気持を頂くと、
「あ〜、教室やっていて良かった。」
と、つくづく思います。

感謝
053.gif
[PR]
春一番が吹いたバレンタインデーの今日、
今月から月1回、子供の為の「たちかわ・アート実験工房」
にて、ワークショップを受け持つ事になりました。
本日はその第1回目。
私の受け持ちは工芸工房。他に金属工房や印刷工房があります。

学生だったときに習った事を活かして
初回は「織り機を作って、布を織ろう!」と、
本日は皆で織り枠作りです。

と、その前に、
子供達に説明する為、久しぶりに織り機なるものを作り
織ってみました。
f0060262_22565827.jpg

2月かよ!と言うくらい暑いくらいに感じた本日は
2年生から6年生まで16人が集合。
それぞれが助け合いながらノコギリを挽いたり
くぎを打ったり、木枠のペイントをしたり、
限られた時間内、大人でもけっこうハードな作業を
頑張って、今日のノルマは全員クリア。
f0060262_2311565.jpg

カラフルな枠がたくさん出来ました。
次回は枠を使って実際に織ってみます。

もともとは、もう使われなくなってしまった小学校を利用して、
子供の為に色々なプログラムが組まれている
多摩川みらいパーク。
アート実験工房は元工作室だった場所。
その窓の下にボケの花が可愛らしく咲いていました。
f0060262_237374.jpg

春だな〜。
次回、子供達に会う時には校庭の桜が咲いているかしら?

子供と創るアートスポット「たちかわ・アート実験工房」
[PR]
f0060262_21321413.jpg

昨日、成形がおわったのですが・・・・・
乾くかしら・・・・・・
クマさん
[PR]
写真が無いのですが、
先日の「羊椅子」に続き「クマ椅子」を作っております。

しかし・・・・乾かない・・・・・。

来月12日より始まる新宿はリビングセンター・オゾンでの展示、
「クラフトマン達が作る一軒の家」
に出品する予定なのですが、乾かない・・・・。

はやる想い、焦る想い。

う〜ん困った。

明日中に成形は終えます。
そしたら写真とってみますね。
[PR]
急に決まったのですが、2泊3日で旅に行ってきました。

沖縄(2/1〜2/3)
f0060262_933725.jpg

私にはかれこれ10年の付き合いになる姉のような友人がいるのですが、
彼女と何年か前から「旅行行きたいね!」と言いつつ月日が経ち。
今に至ってしまいました。
正直、お互い仕事の締め切りも気になっていたのですが
「えい!」と思いきってしまわないとまた先延ばしになってしまいます。
メリハリつけて、いく事にしました。

私にとって沖縄は初上陸です。
旅を探す最中、雪国系をずっと念頭に置いていた私。
沖縄は彼女(以降、姉と呼びます)の提案で私にとっては鳩に豆鉄砲でした。
姉は「ジンベイザメとクジラに会いにいこう!」という提案のもと
サクサクとツアーも検索し、ネットを最大限に利用してHISで見つけてきました。

(という事は お安く見つかったのです。)
行くと決まると、モードはワクワクに入りますね。
そして沖縄へ・・・・・・
f0060262_9525140.jpg

読谷に宿をとって、1日1カ所というゆる〜いスケジュールで過します。
ホテルのビーチを早朝から散歩したり、
砂浜の宝探しをしたり、時間がゆっくり過ぎていきました。
写真はすべて、早朝の海です。
f0060262_956329.jpg

ホテルからレンタカーをとばして1時間
美ら海水族館へ向かいました。

ジンベイザメとマンタの水槽は一日眺めていても飽きません。
水槽に張り付いてしまった私・・・・
海の生物なのに空を自由に飛んでいる様な雄大さがあります。
f0060262_1014351.jpg

f0060262_102641.jpg

f0060262_1023120.jpg

他にもこんな仲間もいました。
f0060262_105772.jpg

f0060262_1052770.jpg

f0060262_1054661.jpg

ユーモラスでカワイイやつがいっぱい。

最終日、ホエールウォッチングに出航しました。
揺れる船の中で写真を撮るのは難しく、カメラは諦めました。
時間ギリギリまで探索。なかなか会えません。
諦めかけたその時、大どんでん返しで
2頭連れで泳ぐクジラ(親子?)に遭遇しました。
ほんのわずかな間でしたけれど、ジ〜ンとしたものがハートに響きます。
紺碧の海に漆黒のザトウ鯨の背。
いきなり聞こえる息継ぎの迫力ある音と立ち上る潮・・・。

非日常のファンタジーの旅の終わりは
沖縄の海に沈む太陽。
f0060262_10195891.jpg

たくさんのリラクゼーションを貰って帰ってきた私。
また来年も行ける様に、仕事、頑張れそうです。

現実に戻ってきて2日。
あんなに早起きしてたのに、どうして日常に帰ると
朝、起きれないんでしょうか?・・・・・(汗)。

〜終わりに〜
実は姉と共に「どっか旅行したいね!」と言い始めた数年前。
私達の間にもう一人大切な友人がいました。
皆、忙しいので年に数回しか会えませんでしたが
年齢もバラバラ。友人なのに姉妹の様な付き合いをしていました。
ただ、彼女は3年前に病のため先に逝ってしまったのでした。
美しく柔らかい雰囲気の作品を作る吹きガラスの作家でした。
今回の旅中、おりにふれ彼女の存在を感じる色々なものに出会い、
姉と共に温かな気持になったのは、いうまでもありません。
[PR]