釉かけを待つモノたちたち

f0060262_21355236.jpg

気がつけば、忙しさにかまけて一週間は放ったらかしブログにしていた私。
展示会前のドワ〜ッ!!!という波に押されて疲労と眠さで帰宅すると
すぐ寝てしまうのが原因です。
でもゴハンはバッチリ食べています。

昨日朝4時に起床してアトリエに行き5時から素焼きをスタートさせました。
今日の午後4時に窯出ししたので施釉前の下準備です。
明日は怒濤の釉薬作業。
これが一番イヤ。
だって、洗い物は多いし、中腰作業が多いからキツいし、
私は陶芸の作業のなかで釉薬が一番大変な作業だと思います!!!

そうそう5体目の挑戦の大物ブレーメン。
今回は無事に素焼きが出来ました。感無量!とりあえず。
過去の窯内爆破も乗り越えて、後は慎重に釉薬かけて、
慎重に窯に詰めて、無事に本焼きするべし。
あ、窯出しも慎重に。

一番手前のはバクの新バージョンです。
白と黒のツートンのバクの色の境目がある事を
どうやって模様を用いて表現したら良いものか考えた末、
写真の様にデフォルメする事になりましたが
なんだかレースのパンツをはいている様なので、
パンツ獏と勝手に命名し呼んでおります。

陶芸教室に来て下さる生徒さんに、
「それじゃあ、可愛くないわ〜!」と言われたので、
考えた末『パンティー獏と呼びましょうか?』と言ったら、
「・・・・・大して変わらないでしょ!。」と笑われてしまいました。

そんなしょうもない事を時々ポロッと言ってしまいながら
教室の先生やっております。
ほっほっほ。
[PR]