ちょっとした望みなんですが

f0060262_19281582.jpg

f0060262_19284275.jpg

小さな陶額を作り始めました。

実は私、紙と鉛筆(画材)を前にすると描きたい絵が描けないのです。
こういう仕事をしているので、ちょっとお恥ずかしい話なのですが、
紙と鉛筆を持つと、頭が真っ白になってしまいます。

よく、人前に出て話すのが苦手という方がいますが
彼らの話を聞くと、人前に出たとたん緊張して、頭が真っ白になり
話そうとしていた事がスポン!と抜けちゃう。
と言われる方が多いと思います。
私の場合は、頭で考えていたアイデアや形を
2次元の世界に表そうとすると緊張して真っ白になり
何を描こうと思っていたかスポン!と抜けちゃうのです。

これでもね、まだ学生の頃は描けていたんですよ

ただ、以前から鉛筆デッサンとか、クロッキーとかがすごく苦手で
「お前は、本当にデッサン描けないな〜」と言われ続け、
ましてや勉強とはいえ人前で絵など描くのは正直言って怖くて怖くて。

不味いものを好んで食べるのは嫌いな方だったので
学生卒業したときから、パッタリ描かなくなってしまいました。
それから○○年。

このモヤモヤしたわだかまりは
描かなくなればなるほど、存在感を増し
忘れるどころか年ねん、恐ろしさを増幅させ
正直、かなりのストレスになっているのは確かです。

本当は描くのが嫌なんじゃなくて、描きたいのです。
だからそろそろ、この恐怖心から解放されたいし、
限界値が来ているので
このパンパンに詰まってしまったモヤモヤの蓋を開けて
ドバーッと放出しちゃいたいと
心の底から思い始めました。

先日、友人の絵本作家がこんな事を言っていました。
「描ける絵ではなくて、描きたい絵が描ける自分になりたい。」

まさにこれです。

そんなこんなで、まずはきっかけが欲しいと思い
陶で小さな額を作ってみる事にしました。
中に入れる絵はまだ決めてませんが
額が完成した頃には
中に入れる絵もちょっぴり楽しく取り組めるような私でありたいです。
[PR]