大モロッコ展

f0060262_22593341.jpg

本日から28日まで、昨年末一緒にモロッコに行った橋爪&えりこ夫妻の
ガレージギャラリーカメレオンにて、モロッコフリークをコンセプトに
「大モロッコ展」が始まりました。
私も参加しています。

内容は次の通り!

******************************************************

2011年2月1日(火)〜2月28日(月)
12:00〜18:00 木曜日休み 1 8/19/20日休み

マラケシュのステキなリヤド「HOUSE13」お洒落な雑貨店「michi」隠れ家的なカフェ「YUMIKO」
エッサウィラの花屋「hana」などステキな日本人女性達のお店紹介もあります。

*参加アーティスト
さとうそのこ(人形)立川市高松町在住。オブジェ作家。
坂本喜代美(陶芸)立川市錦町在住。陶芸家。2010.12サハラ砂漠へ。
景山正夫(写真)武蔵野市緑町&パリ在住。
サン・テクジュペリのパリ〜モロッコ間の飛行経路を撮影。
しおみえりこ(写真)立川市富士見町在住。
ミュージック&アートin立川プロデューサー。2010.12サハラ砂漠へ。
麻衣夏(パスマントリー)羽村市在住。2009年1年間モロッコ・マラケシュに住む。
橋爪恵一(フレーム)立川市富士見町在住。クラリネット奏者。
2010.12サハラ砂漠へ。

ジブラルタル海峡を渡ってモロッコへ行くのが、長年の夢だった。
09年その夢を果たし、ピンク色に染まるマラケシュで出会った砂漠の民。
彼の導きで、昨年サハラ砂漠へ出かけた。
砂漠の民はスクスクッと前に進み、
ラクダはサクサクッと砂を踏む。月夜は正に月明かり。
モロッコの海岸の街は青く、ことさら碧く、蒼い時を刻む。
それらの印象が、焼き物となり、一枚の切り取った画となり、
オブジェとなってガレージギャラリー「カメレオン」で
彷徨うアートとして登場する。
記:しおみえりこ

そして、会期中はワークショップも開催!

2/11(金)午後5時〜workshop「オリジナルカード」さとうそのこ
2/12(土)午後5時〜「星の王子様を探す旅」写真映写&トーク景山正夫
*サンテクジュペリが郵便飛行した経路を車で走破、その画像と共に語るロマン紀行。
2/13(日)午後5時〜workshop「モロッカン・ブローチ」しおみえりこ
2/26(土)午後5時〜workshop「ミントティー・グラス」坂本喜代美
2/27(日)午後5時〜workshop「パスマントリー」麻衣夏

各ワークショップ参加費¥2,000
(モロッカンスパイシーちょこっとカレー&ミントティー付き)
各定員10名。予約制。詳細はH.P.お電話にてご確認ください。

The MOROCCO
190-0013 東京都立川市富士見町1-29-3  
お問い合わせ 090-2564-3198/042-522-6135fax. 
carnival@whi.m-net.ne.jp

f0060262_237947.jpg

モロッコの旅がきっかけとなり、もう一度突っ込みを入れる前に
蓋をしてしまった作品を、ゆっくり掘り下げてみようという気になった。
そんな気持ちで今年最初の窯で仕上がった小さな作品も
ちょっとだけ出しています。
(写真は大きく見えるが、クローズアップしてるだけです。)
住宅街に秘密基地のようなギャラリーは
どこか懐かしく、不思議な空間
ぜひ、いらしてくださいね。
モロッコで仕入れた可愛い雑貨も多数そろえております!

さて・・・
今日から遅めの正月休みをとっている私。
だからといって、どこに行くでもないのですが。
あ、そうそう本日から新しいMacでブログ更新中!!
でもあえて、アトリエで仕事するのは辞めようと決めました。
とりあえず不要品の整理から始めて
2月4日の旧暦の正月を迎える準備をしたいとおもいます。
お掃除お掃除!!
[PR]